ホームトルマリンについて > トルマリン鉱石について


    1. トルマリン鉱石について
   
  トルマリン鉱石は従来よりブラジル・インド・中国・アフリカを中心に産出される宝飾用宝石であり10月の誕生石として親しまれています。 一般には、淡緑色の宝石として知られていますが、赤・黄・青・紫・黒など多彩な色があり、中でも濃赤色のものはブラジル・ルビーとも呼ばれ珍重されています。 宝石言葉は「希望」です。 鉱物としては日本では「電気石」として、称されているように、地球上に数ある鉱物の中で唯一自然の状態で永久的に電子を流し続けており、1880年キューリ兄弟は、「トルマリンに圧力や熱を加えると電気が発生する」ことを証明しました。 この電気を帯びた「驚異の石」トルマリンは今、環境改善素材或いは健康改善素材として、産業界で注目され話題になっています。

トルマリン鉱石1 トルマリン鉱石2 トルマリン鉱石3

▲このページのトップに戻る


    2. トルマリン鉱石の特性
   
  1. 永久徽弱電流の発生効果((1)電場形成 (2)マイナスイオン発生(3)界面活性様作用)
2. 遠赤外線効果(4〜14ミクロンの波長、黒体と同レベル)
3. ミネラルの溶出効果(Si珪素=内蔵機能、Bほう素=皮膚・粘膜活性、成長促進、Mgマグネシウム=細胞活性・心臓、神経系、Fe鉄=血液・心臓、胃腸)

▲このページのトップに戻る


    3. トルマリン鉱石の特徴と活用
   
 
1. 動植物への影響
結晶の両端にプラス極マイナス極が自発的に生じこれにより、その構成される電場内に位置する動植物の細胞に、神経系統を制御している同一の波長11ミクロン0.06ミリアンペアの徹弱電流を流します。(1ミクロン=1000分の1mm)
2. 水の電気分解
マイナス電極に蓄えられた電子は水に触れると瞬間的に放電され、水分子はHプラスとOHマイナスに分解されます。 そしてHプラスはトルマリン電極に引きつけられ、そこから放出される電子と結合して、水素ガス(H2)となり放出されます。 一方OHマイナスは水分子(H2O)と結合し、ヒドロキシルイオン(H32-)と呼ばれる界面活性様効果を持ったマイナスイオンになります。
3. 僅かな環境の変化(温度・湿度・摩擦・圧力・光・対流等)でマイナスイオンを発生します。(マイナスイオンの粒子の大きさは1万分の1ミクロン)
4. 僅かな衝撃で帯電します。また、水の流れや攪拌で増幅したり、熱により帯電したりします。環境温度が10℃上がると効果は2倍となると言われております。
5. 吸着・反発作用及び電界形成作用等の複合作用により、抗菌・鮮度保持作用が得られます。電極に帯電・放電したりします。また水道水の塩素が安定化されます。
6. 水を酸化還元電位の低い水質(腐りにくい水質)に変化させることが出来ます。
7. トルマリンの高電圧により水のクラスターが小さく分解されます。
8. トルマリンの特性を強力にアップさせると、塩素系有害物質を分解除去する程の力を引き出すことが可能になります。
そして、このようなトルマリンの特性が、悪化の一途を辿っている自然環境・生活環境を改善する一助となります。



▲このページのトップに戻る

  - Copyright (C) 2000-2003 LACOS Co.,Ltd. All rights reserved. -